健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第35話 決戦

「まずは一発」

俺は手に握っている剣に霊力を込める。
本来は紋章術などを使うのがセオリーだが、この姿を考えると神術を使う方が効率がいいのだ。

「神術、第6章……闇に堕ちた者は光の裁きが待っている!」

一閃の光が魔物を貫く。

「■■■■■■!!」

魔物が悲鳴を上げるが、それをしり目に、俺は後ろにいるレオ閣下たちに声をかける。

「皆、後に続いて!」

僕の横からレオ閣下とエクレが飛び出して魔物へと向かう。

「「はぁぁぁあああ!!」」

そしてそれぞれが持つ武器を魔物に振り下ろす。

「■■■■■■!!!?」

臨時で作り上げた陣形は俺とファーブルトンで、魔物の気をそらしその隙をついてレオ閣下とエクレが切り込むと言ったものだ。
その後、怯んでいる間に俺達の後ろに避難する。
それを魔物が弱るまで繰り返す。
弱ったところで俺の必殺技を使って倒すと言うのが作戦だ。
かなり危険な陣形だったが、時間もなかったためにこういう事となったのだ。
攻撃を終えた二人は最初の位置に戻る。

「■■■■■■!!!」

すると、魔物は凄まじい速度でこっちに迫ってきた。
それは常人には決して眼にもとまらぬ速さであろう。
だが……

「俺にはお見通しだ。降り注げ、レイン・ソード」

俺には魔物の動きがスローモーションのように見えていた。
そんな魔物に、俺は数多の剣を放ち迎撃する。

「■■■■■■!?」

突然の攻撃に魔物は驚くが、素早い動きでそれを交わすと俺達と距離を取った。
どうやらこっちに接近すればどういう目に合うかを学んだようだ。
だが、接近戦をしないとなると、後に考えられる攻撃は、遠距離攻撃だ。

「■■■■■■!!!」

魔物は雄叫びを上げると、黒っぽい魔法陣が俺達に向けて展開する。

「気を付けろ渉! あれは黒い霧の紋章砲のようなもので攻撃してくるやつだ!」

それを見たエクレが俺に警告を出す。

「上等! 自らの攻撃は自らで受けよ!!」

俺も前方に魔法陣を展開する。
それは、あの魔物から奪った力の一つだ。
闇を含んだ攻撃が俺に向かって放たれるが、俺の魔法陣に触れた瞬間、まるで鏡に触れたかのようにそのまま魔物の方へと戻って行った。

「■■■■■■!!」

それは反射の魔法。
神が正反対の力を使うと言うのは、意外にもおかしく思える。

「エクレ!」
「裂空、十文字!!」

俺の言いたいことが分かったのか、エクレは紋章剣を魔物に放つ。
魔物はその攻撃を剣で防ぐが、十字のエネルギー波に隠れるようにして突進していた俺には気づかれなかった。

「光の中に闇は無し」

魔物を切りつけた。
それから少し遅れて、俺が切りつけた場所が爆発する。

「■■■■■■!!!?」
「予想以上に弱いな」
「まあ、あいつの核がめちゃくちゃに弱っているし、俺が外に出たことで魔物が弱体化しているからだがな」

エクレの指摘に、俺は魔物から眼を話さずに答えた。
実際にどうかはわからないが、弱体化していることは確かだ。

(あれ、やるか)

俺は考えをめぐらす。
俺の必殺技”レクリエム”をやるのかどうかの判断だ。
今魔物は非常に弱っている。
これならば、妖刀ごと浄化できるだろう。
だが、魔物の力は無限大だ。
何が起こるかは分からない。

「はぁ……はぁ」

横にいる仲間を見ると、三人とも肩で息をしていた。
仲間ももう限界。
俺の霊力も6割を切った。

(一か八か、やってみるか)

俺はそう判断するとファーブルトンに、指示を出す。

「ファーブルトン、あれをやるからあいつの動き、少しの間だけ抑えてくれる?」
「分かりました」

ファーブルタンが頷いたのを確認した俺は、詠唱を始める。

「孤高を抱きし愚かなるものよ、我が歌を聞きたまえ、其が築くものはただの破滅の道のみ」

神殺しの剣に夥しい光が纏う。
神剣には劣るが、それでも威力は申し分ない。

「さすれば、すべてをわが名のもとに浄化してくれよう。聞くがいい我が魂の歌を!! レクリエム!!」

詠唱が終わると同時に剣を魔物のいる方向に振り下ろす。
その次の瞬間、眩い光が一直線に魔物の方へと向かって行き、そして魔物に命中した。

「■■■■■■■■■!!!」

魔物は断末魔を上げながら、光に飲み込まれた。
その瞬間、俺の視界は光で覆われた。
それがどのくらい続いたのかは分からないが、光がゆっくりと薄らいでいく。
そして光が無くなった時、俺が目にしたのは戦の時の晴れた青空だった。

「勝った……のか?」
「ああ」

エクレの呟きに、俺は簡潔に答えた。
そして俺は魔物が立っていた位置に向かう。
勝利の景品としては、色々あれだな
俺は苦笑いを浮かべながら、地面に突き刺さっていた神剣吉宗正宗を抜くと格納する。
そしてその横にあったのは二本の妖刀だった。

「大丈夫なのか? これ」

俺は前のようにならないために、手をかざして邪気を調べる。
その結果邪気のようなものは一切出なかった。

「でも、なぜに神剣になるんだ?」

俺は思わずそう呟いた。
そして妖刀を手にエクレ達の方へと戻る。

「わ、渉殿、それは妖刀じゃ!?」
「何で物騒な物を手にしているのだ!!」

妖刀を見た二人の剣幕に、俺は若干押され後ずさった。

「あ、あのな、これもう妖刀ではなく、神剣になってるぞ」
「「はい?」」

二人の驚きも理解できる。
今まで忌々しい呪いを持った剣だったものが、いきなり間反対の聖なる剣になっていると聞けば、誰だった呆然とするだろう。

「おそらく、俺のあれが強すぎて妖刀が神剣に変わっちゃったんだろう」
「何と言う非常識な……」

二人の呆れたような視線がとても痛々しく感じられた。
こうして、魔物戦は幕を閉じたのであった。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R