健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

【案内板】

黄昏の部屋(別館)

当サイト、『黄昏の部屋(別館)』へようこそ。
こちらでは某小説投稿サイトで、私TRcrantが投稿していた小説を掲載しています。
読まれましたら拍手や感想などをして頂けると執筆意欲向上に繋がったりします。
(『その力の先にあるもの』と『IS(インフィニット・ストラトス)~破門されし者~』は、本館の方にて掲載されています。)

*注意*
本サイトの小説はすべて二次創作です。
そのため、突然の削除などが行われる可能性がございます。
二次創作が苦手な方は、ご覧になられないことをお勧めいたします。
拍手または感想等を募集しております。
拍手コメントでレスが不要な方は、拍手コメント時にその旨をコメントに明記してください。
明記されてない場合は、HN共々雑記にてコメント返しにて表記されますのでご注意ください。
注意事項はこちらをご覧ください。
他、明記されていない細かい注意点は本館と同じですので、そちらの方をご覧ください。

それでは、ごゆっくりとお楽しみください。

===更新履歴(最新の3日分のみ表示)====
・9月27日
『ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~』第34話を掲載しました。
雑記を掲載

・9月22日
『ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~』第33.5話を掲載しました。
雑記を掲載

・9月19日
『ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~』第33話を掲載しました。
雑記を掲載
=======
掲載作品一覧

魔法少女リリカルなのは~世界からの来客者~

魔法少女まどか☆マギカ~革命を促す者~

魔法少女リリカルなのは~目覚めた力~

魔法少女リリカルなのはstrikers~失った力~

DOG DAYS~誤召喚されし者~

ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~

魔法少女リリカルなのは~目覚めた力~RB

To Loveる~二つの人格を持つ者~

けいおん!~軽音部と月の加護を受けし者~

二人の神と欲望に駆られた人間たち


カミカゼ☆エクスプローラー~無を司りし者~

拍手[13回]

PR

第34話 魔将

倉松さんから課せられた特別任務を無事遂行した僕は、九条家へと足を向けていた。
リアさんはテスト終了のお祝いをかねて、生徒会メンバーと共に豪遊しているらしい。

「それにしても、忘れたのが万年筆だなんて……」
「何とも独特な忘れ物をする奴だな」

ため息をつく僕の肩にひょっこりと腰かけているぬいぐるみの形をしたザルヴィスの相槌に、僕は何とも言えない気持ちになってしまった。

「そういえば、どうして、ザルヴィスがここに? 確か天界にいたはずだったと思うんだけど」

僕は肩に乗っかっているザルヴィスに問い掛けた。
ザルヴィスについて、軽く紹介しよう。
彼は、何を隠そう僕の使い魔のような存在なのだ。
最高神となった時から、僕に協力をしてくれている頼もしい存在だ。
むろん、戦闘でも心強い味方となってくれる。

「そうなんだけどな、俺の巨乳センサーが、主のいる場所から感じたから来たのさ。いざ行かん! 巨乳の楽園エデンオブオッパイへ――ヘブンっ」
「何が楽園だ!ただの変態じゃないか!」

ただ一つ困ったことがあるのだとすれば、

「違うっ! 俺は変体ではない! ただ、巨乳への探求心が強いだけだ」

無類の巨乳好き(という名の変体だが)であることぐらいだろう。

「それを人は変体というんだけど……で、それで、どうしてここに来たんだ?」
「神楽のやろうが、わが主の助けをしてやってくれっていうのでな」
「なるほど、あいつか」

僕の問いかけに神妙な声色に戻ったザルヴィスの返答に、僕はなるほどと頷いた。
最近神楽はウエイトレスやらメイドの仕事で忙しく、僕のフォローを満足にできるような状況ではない。
それもひとえに信頼されているということではあるが、神楽にとっては迷惑この上ないことには変わりないだろう。
恐らく今回の件も、そんな事態に対する策なのかもしれない。

(神楽にはお礼を言わないとな)

ザルヴィスの存在は僕にとっては非常に心強いことこの上ないのだから。

「むっ。あっちから巨乳の気配がするぞっ」
「……」

色々と苦労しそうだけど。

「見つけたぞ!!」
「ん?」

そんな時にかけられた男の声に、僕は足を止めた。

「どちら様ですか?」

赤い髪に胴体部分をはだけさせている見るからに怪しげな服装の男の姿に、僕は顔をしかめながら問いかけた。

「俺様は七大魔将が一人。人呼んで憤怒のアーディンだっ!」
「七大魔将……僕に何の用です?」

七大魔将という単語に、僕は反応しそうになるのをごまかしながら問いかけた。
この人物が僕の前に現れた目的を知るのが先決だ。
もし、魔法陣作成にかかわっている敵の一味であるのだとすれば、かなりとんでもなく面倒なことになるのだから。
逆にそうでなければこの場を適当にやり過ごすことができる。

「用というのはほかでもない。俺様の妻になる予定のパスタちゃんをいじめたお前をぎったんぎったんにやっつけてやるのさ!」
「……パスタ?」

なんだか一部小声で何かを言っていたようだが、最も気になったのはアーディンと名乗った男の口にした名前だろう。
料理の名前でなければ、思いつくのは一人しかいない。

「一応言っておくが、あれは”いじめ”ではなく”愛の鞭”だ。そもそも、彼女には口の利き方に大きな問題がある。このままではねこ鍋にされて販売されるようになるぞ」

さすがにここにはそのような野蛮なことをする人はいないが、どれほどひどいのかを伝えるには十分な言い方のはずだ。

「なんだと……この俺様の前でそのようなことを言うとはいい度胸だ。ならば、そうできないようにぎったんぎったんにやっつけてやるっ!!」
「……もしかして、逆効果?」
「みたいだな」

アーディンの反応に、僕は自分の発言が間違いであることを知らされた。
どうやら、戦わなければいけないようだ。

(隔離結界を構築……完了)

僕は敵(魔方陣を生成しているやつ)に僕の正体が知られないように、この場一帯を隔離した。
これで僕は思い通りに闘うことができる。

「……この人にはこの程度で十分か」

解放するは魔族の力。
媒体はないが、目の前の相手には十分だろう。

「何ごちゃごちゃ言ってんだよ!」
「っと!」

先手はアーディンだった。
アーディンからは放たれた火炎弾は僕が先ほどまでたっていた地面を焦がした。

(すさまじい熱量だな。あれは喰らいでもすれば無傷では済まないな)

僕は、改めて相手のレベルを上方修正しておくことにした。

「ハイドロスウィル」
「効かねえぜ!」

火には水ということで、圧縮した水流をアーディンに放つが、浩かはいまいちだった。

「ならば……エターナルディザスター」
「ぐあっ」

一番得意な属性でもある闇属性の攻撃を放つと、かなり効いたのか後方へと吹き飛ばされるが、思ったよりもふきとばなかった。

「やりやがったな……遊びは終わりだ。次からは本気で行くぜ!」
「……」

先ほどまでのが遊びなのかどうか、それを結論付けることはできない。
ただのはったりか、それとも本当なのか。
答えはすぐに分かった。

「獄炎拳」
「むっ!?」

これまでとは違う拳に炎をまとわせた一撃が僕に向けて放たれた。
直撃は避けたが炎の熱が僕に牙をむく。

「我を癒せ。アクアサルベーション」

すぐさま自分に回復をかけることで対処した。
だが、それが命とりだった。

「決めてやるぜ! カオティックハウラー !」
「うぐっ!?」

回復をかけている隙を狙ったアーディンの一撃に僕だけではなく地面までもを震わせた。

「俺様かっこよすぎだぜ」

アーディンの一撃を喰らった僕に、追い打ちをかけるようにアーディンは力を収束させていく。
その手にあるのは炎をまとった一本の剣だった。

「燃焼厄物滅」

直撃すると思わ得たその一撃に、僕は耐えようと思い体をこわばらせる。

「ぬるいわ!」
「お、俺様の攻撃が!っ」

回避できないと思っていた攻撃は、間に割り込んだザルヴィスの放った一撃によって相殺された。

「大丈夫か? 我が主」
「……ああ。ありがとう。助かった」

何とか動けるようになった足を軽く動かしながらお礼を言った。

「一気に畳みかけるぞ」
「おう!」

もはやアーディンに勝利の文字はない。
確かに彼は強い。
パワーに関しては凄まじいの一言に尽きる。
だが、

「行くぞ。アビスブレイカー!」
「当たるか―――ぐはっ」

彼の致命的な弱点は、頭脳だろう。
僕の放った急に進路を変える魔法弾に反応できていないのだから。
さらに思い当るところがあった。
先ほどの一撃だ。
あれは僕の足を止めるものだと思っていたが、効果範囲が広すぎるのだ。
理由は分からないが、僕のそばにいたザルヴィスが足止め出来ていなかったことがその証拠だろう。

「これが僕の渾身の一撃。高野月武術、圧」
「き、効かないぜ!」

僕の拳から発せられた見えない空気の塊がアーディンを後方に吹き飛ばす。
彼が体制を整えるころには、僕は次のアクションを起こしていた。

「敵と味方の垣根を超える。反乱の灯!」
「うがっ」

僕の掌から放たれた漆黒の闇は、アーディンを飲み込む。

「う………あ」

彼が纏っていた魔力は一気に霧散した。

「あれ、俺様はいったい」
「あなたはパスタに対して極悪非道なことをしている生徒会を倒しにここに来たんでしょ」

呆けた様子で辺りを見回しているアーディンに、僕は静かに囁いた。

「おぉ! そうだったぜ! おのれ生徒会め! 七大魔将筆頭の俺様がけちょんけちょんにしてやるぜ!」

僕の言葉を真に受けたアーディンは、大声で叫ぶとそのままどこかに走り去ってしまった。

「やはり、あの男はバカのようだな」
「まあ、催眠をかけてるしね」

辛辣な言葉を投げかけるザルヴィスに、僕は苦笑しながら相槌を打った。
僕がやったのは、アーディンに対して催眠術をかけることだった。
ある知り合いに教えてもらった物で、それをアレンジしている。
これをすればたとえ無理があるようなことでも簡単に信じ込ませることができるのだ。
まあ、効果は人によってまちまちだが。

「で、どういうつもりだ? 確か生徒会というのはお前の味方なはずだろ?」
「色々あってな。現在の彼らの実力を知りたいのさ」

ザルヴィスの疑問に、僕は肩を傾げながら答えた。
アーディンはバカだが実力としてはそこそこ強い。
そんな彼をクルセイダースにぶつければ、実戦での戦力が把握することができるという寸法だ。

「なるほど。自分の力を隠して実力を測るのには十分というわけか」

そして僕の意図を組んでくれたザルヴィスは、納得したように相づちを打った。

「さあ、早く家に戻って理事長に万年筆を返しに行きますか」
「そうだな」

こうして僕は倉松さんに課せられたミッションを終わらせるべく、九条家で待っているであろうヘレナさんのもとに万年筆を届けに向かうのであった。

拍手[0回]

『ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~』最新話を掲載

こんばんは、TRcrantです。

お待たせしました。
本日『ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~』の最新話を掲載しました。
再びバトルの内容になりますが、かくしてすべての状況は整いました。
次話ではちょっとばかり恋愛関連のほうの話を書きつつ、物語を進めていきたいと思います。

ちなみに、様々なルートの物語を参考にしていたりするので、ここは誰のルートなのかを考えながら読んでいただけるとさらに楽しめるかと思います。


それでは、これにて失礼します。

拍手[0回]

『ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~』最新話を掲載

こんばんは、TRcrantです。

大変お待たせしました。
本日、『ティンクル☆くるせいだーす~最高神と流星の町~』の最新話を掲載しました。
内容はおまけ篇のほうになります。

何気に敵を強くしすぎたせいで、非常に面倒なことになっていたりします。
強くしすぎるのもあれですね。
現在EXTRAのほうである原作とのクロスを考えております。
どの原作なのかは掲載までのお楽しみということで。


それでは、これにて失礼します。

拍手[0回]

第33.5話 STAGE:08 魔王を見極めし者

「我は、高月浩介。魔王を見極めし者だ。いざ、尋常に」
「「勝負!」」

こうして、魔王を証明する戦いが幕を開けるのであった。


――ステータス―――



数:4体
HP:2500
属性:闇 (一名以外Lv.1)
EX:100%


味方

数:3人
HP:500
攻撃属性:無(Lv.0)
守護属性:神属性
EX:50%
ASSIST:なし

―――――――

start

敵のフレーム数

マカロンA(闇):80F
マカロンB(闇):65F
マカロンC(闇):65F
マカロンD(闇):80F



味方のフレーム数

浩介A(無):46F
浩介B(無):34F
浩介C(無):41F

スタートダッシュに成功し、少しではあるが有利な状態での出だしとなった。


マカロンA(闇):80F
マカロンB(闇):65F
マカロンC(闇):65F
マカロンD(闇):80F


味方のフレーム数

浩介A(無):39F
浩介B(無):29F
浩介C(無):35F


浩介Bは行動可能になった。

「そこだ!」
「うひゃぁ!?」

浩介はマカロンBに攻撃を放った。



HP:2494↓6

マカロンA(闇)Lv.1:51F
マカロンB(闇)Lv.1:51F↑15
マカロンC(闇)Lv.1:36F
マカロンD(闇)Lv.3:51F

EX:102%↑2
STUN:8


味方

HP:500

浩介A(無)Lv.0:10F
8浩介B(無)Lv.0:55F↑55
浩介C(無)Lv.0:6F

EX:58%↑8
Rush:1
10%


浩介Cは行動可能となった。

「捕まえた!」
「なにするの!?」

浩介Cの攻撃がマカロンCに浴びせられる。




HP:2492↓2

マカロンA(闇)Lv.1:45F
マカロンB(闇)Lv.1:45F
マカロンC(闇)Lv.1:45F↑15
マカロンD(闇)Lv.3:45F

EX:104%↑2
STUN:7


味方

HP:500

浩介A(無)Lv.0:4F
8浩介B(無)Lv.0:49F
8浩介C(無)Lv.0:45F↑45

EX:66%↑8
Rush:2
20%


浩介Aが行動可能となった。

「連携だな」

浩介Aはその場で待機し始めた。


ランブル!

浩介A,B,CとマカロンA,B,C,Dによってランブルとなった。

―――――――――――――――――

   浩介 vs マカロン
属性:無    闇
レベル 0    6

―――――――――――――――――

結果:Lose

ここで、浩介の反射特性が発動した。
よって、強制的にランブル勝利となった。

「これが僕の力……一刀両断っ」
「うひゃぁ!?」

浩介の渾身の一撃がマカロンに放たれた。

「アルザード、今日もいい天気だね~」

マカロンは気絶状態となった。




HP:2488↓4

マカロンA(闇)Lv.1:51F↑51(気絶)x50
マカロンB(闇)Lv.1:51F↑51(気絶)x50
マカロンC(闇)Lv.1:51F↑51(気絶)x50
マカロンD(闇)Lv.3:51F↑51(気絶)x50

EX:156%↑52
STUN:9


味方

HP:500

8浩介A(無)Lv.0:55F↑55
16浩介B(無)Lv.0:59F↑55
16浩介C(無)Lv.0:50F↑50

EX:71%↑5
Rush:3
49%


浩介Cが行動可能となった。

「さらに収束するか」

浩介Cは詠唱を始めた。
続いて、浩介Aが行動可能となった。

「行くぞ! 切り裂けっ」
「なにするの!?」

浩介Aの攻撃がマカロンAに放たれた。




HP:2484↓4

マカロンA(闇)Lv.1:61F↑15
マカロンB(闇)Lv.1:46F
マカロンC(闇)Lv.1:46F
マカロンD(闇)Lv.3:46F

EX:158%↑2
STUN:8


味方

HP:500

16浩介A(無)Lv.0:55F↑55
16浩介B(無)Lv.0:4F
16浩介C(無)Lv.2:15F

EX:79%↑8
Rush:4
40%


浩介Bが行動可能となった。

「見えた! 斬」
「うひょわ!?」

浩介Bの攻撃がマカロンBに放たれた。




HP:2483↓1

マカロンA(闇)Lv.1:57F
マカロンB(闇)Lv.1:57F↑15
マカロンC(闇)Lv.1:42F
マカロンD(闇)Lv.3:42F

EX:160%↑2
STUN:7


味方

HP:500

16浩介A(無)Lv.0:51F
24浩介B(無)Lv.0:55F↑55
16浩介C(無)Lv.2:11F

EX:87%↑8
Rush:5
50%


浩介Cの攻撃

「取った!」
「うわぁ」

浩介Cの攻撃が、マカロンCに放たれた。




HP:2477↓6

マカロンA(闇)Lv.1:46F
マカロンB(闇)Lv.1:46F
マカロンC(闇)Lv.1:61F↑30
マカロンD(闇)Lv.3:31F

EX:162%↑2
STUN:6


味方

HP:500

16浩介A(無)Lv.0:40F
24浩介B(無)Lv.0:44F
16浩介C(無)Lv.2:45F↑45

EX:103%↑16
Rush:6
60%


マカロンDが行動可能となった。

「いただきっ! クラウンデスペラード!」
「ちっ」

マカロンDの攻撃が浩介Aに放たれる。

「ドカンと一発! バーンコメットスプラッシュ!」
「いつっ」

さらに、マカロンDのEX Strikeが発動した。
浩介Aはさらに後方へと吹き飛ばされた。




HP:2477

マカロンA(闇)Lv.1:15F
マカロンB(闇)Lv.1:15F
マカロンC(闇)Lv.1:30F
15マカロンD(闇)Lv.3:75F↑75

EX:80%↓82
Rush:2
60%
STUN:6


味方

HP:258↓242

16浩介A(無)Lv.0:79F↑70
24浩介B(無)Lv.0:13F
16浩介C(無)Lv.2:14F

EX:115%↑12
STUN:7


浩介Bが行動可能になった。

「決めるっ! 切り裂け!」
「うわぁ!?」

浩介Bの攻撃がマカロンAに放たれた。

「我が力、特と見よ! 反転する力」

さらに、浩介のEx reverseが発動した。
この後一度のみ、ランダムで反転するようになる。




HP:2470↓7

マカロンA(闇)Lv.1:17F↑15
マカロンB(闇)Lv.1:2F
マカロンC(闇)Lv.1:17F
15マカロンD(闇)Lv.3:62F

EX:92%↑12
STUN:5


味方

HP:258

16浩介A(無)Lv.0:66F
32浩介B(無)Lv.0:50F↑50
16浩介C(無)Lv.2:1F

EX:33%↓82
Rush:2
11%
STUN:7


浩介Cが行動可能となった。

「行くぞ!」
「何するのっ!?」

浩介Cの攻撃がマカロンBに放たれた。




HP:2462↓8

マカロンA(闇)Lv.1:16F
マカロンB(闇)Lv.1:16F↑15
マカロンC(闇)Lv.1:16F
15マカロンD(闇)Lv.3:61F

EX:94%↑2
STUN:4


味方

HP:258

16浩介A(無)Lv.0:65F
32浩介B(無)Lv.0:49F
24浩介C(無)Lv.2:60F↑60

EX:41%↑8
Rush:3
30%
STUN:7


ユニゾン!

マカロンがユニゾンになった。

「こういう演出なんだからねっ」

ユニゾン!

マカロンは行動可能となった。

「そーれ! エターナルディザスター」
「くそ!」

マカロンAの攻撃が浩介Bに放たれる。

「力よ、集え! 爆ぜたる彗星の飛沫 」
「効かぬわ!」

さらにマカロンのEX Strikeが発動し、浩介Bはさらに後方へと吹き飛ばされた。

「てい! ブレイヴミューディレイト!」
「何のこれしき!」

続いてマカロンBの攻撃が浩介Bに放たれた。

「いただき! エターナルディザスター」
「おのれ!」

さらにマカロンCの攻撃が浩介Bに放たれる。

「やっちゃうよ! ブレイジングスターストーム」
「このままでは!」

追い打ちをかけるように渾身の一撃が浩介Bを襲う。
浩介のEX reverseの効果で、すべての攻撃が相手に反射された。





HP:0↓4318

マカロンA(闇)Lv.1:271F↑206(場外)
マカロンB(闇)Lv.1:281F↑206(場外)
マカロンC(闇)Lv.1:276F↑206(場外)
15マカロンD(闇)Lv.3:15F

EX:77%↓17
Rush:5
222%
STUN:4


味方

HP:258

16浩介A(無)Lv.0:19F
32浩介B(無)Lv.0:3F
24浩介C(無)Lv.2:14F

EX:57%↑16
STUN:1


「見極め終了だな」

拍手[0回]

カウンター

カレンダー

09 2014/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R