健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF第6話 魔物との戦い

「っと!」

俺は崖から飛び降りて、静かに着地した。
そして、立ち上がりながら辺りを見る。

「グオオオオオ……」
「おいおい……とんだお出迎えだな」

俺を囲うようにして、犬のような魔物たちが唸り声をあげていた。

「まあ、そうじゃないと張り合いがない」

俺は、こんな絶対的に不利な状況でも、笑っていられた。
何故か……それは、おそらく俺が勝つことはもう疑うべくもなかったからなのか、それとも別の何かがあったのか。
どちらにしろ、俺は神剣を構える。

「華麗に、優雅に朽ち果てろ!」
「グオオオオ!!!」

俺の言葉に反応して、魔物達が一斉に飛び掛かってくる。

「よっと」

それを俺は軽やかなステップで避けると、魔物たちの囲っている輪から抜け出した。

「グオオオ!!!」
「ッと、こっちにもいたか」

抜け出した先には、どっかに身をひそめていた魔物が飛び出してきた。

「行くぞ……紋章術」

俺は、この時のために練習していた、紋章術もどきを使う。

「閃!」

神剣二本を横に振りかぶる。
次の瞬間、轟音と閃光が走った。
それらは、少ししてゆっくり薄らいでいき、やがて元の薄暗い森の光景に戻った。

「魔物たちにはちゃんと聞いているようだ。しかも地形が変わってない」

俺は、その結果にまあまあだなと思いながら、頷く。

「グオオオオ!!!」
「まあ、唯一の欠点は、殲滅しきれない事だが、なっ!」

俺は背後から襲いかかってくる魔物を前方に移動することで躱す。
背後には、先ほど撃ち漏らした魔物がぞろぞろと俺の方に来ていた。

「奏でよう、この歌を」

神剣を二本とも大きく振り上げる。
散らばっている魔物を効率よく殲滅できる位置を探し出す。

(今だ!)

そして、俺はその瞬間を見つけて、一気に動く。

「レクリエム!!」

一気に剣を振り下ろす。
その瞬間、神剣から放たれた白銀の光によって、俺の視界は遮られた。
その光も、時間が経つにつれて徐々に薄くなっていく。
そして、目の前にあったのは、魔物の姿もいた形跡さえもない、ただの森林部だった。

「よし、上出来だ。周囲に魔物は……っと」

俺は慌てて周囲にいるマイナスの気配を探す。
だが、周囲にはそのような気配は感じられなかった。
おそらく、今ので最後だったのだろう。

「ん? これは弓か?」

そんな時、俺が見つけたのは一つの弓だった。
念のために、それを精査すると案の定、邪気が染みついていた。

「ここに放置していたら、また変なのが出てくるよな。仕方ない………レクリエム!」

俺は、もう一度必殺級の神術を行使して、弓を浄化することにした。

「よし、これでどうだろうか……」

俺は、もう一度弓を調べた。
だが、今度は変な気配はしなかった。

「よし、これは戦利品として持って行ってダルキアンさん達と合流を―――っ!?」

弓を手にした瞬間、俺の頭の中に情報が流れ込んでくる。
ゆっくりとだが、人影が見える。
それは、ダルキアンさんとパネトーネさんのように見えた。
二人は、魔物たちと戦っている。
少しばかり大きな魔物を倒した二人の背後から、別の魔物が現れ、そして………

――――魔物に切り刻まれる二人。





「はッ!?」

気が付くと、俺は弓を片手にしゃがみ込んでいた。

「はぁ……はぁ……はぁ」

息切れするほど動いてもいないのにもかかわらず、俺は息を切らしていた。

(今のは、一体)

俺はさっき見た映像のような物に混乱を隠せなかった。
もしかしたらただの夢か、ジョークのようなものかもしれない。
だが、俺の中に微かに嫌な予感として募っていた。

「行ってみるか」

俺は、ゆっくりと立ち上がり、弓を異空間にしまう。
そして俺は、二人の担当区域の方へと駆け出した。
さっきの映像が、単なるジョークのようなものであることを願って。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R