健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF第5話 練習の成果と魔物

あれから数日、俺とパネトーネさんとダルキアンさんとでの紋章術の練習は続いていた。

「では、渉殿」
「はい………閃!」

ブリオッシュさんに促され、俺は神剣を振る。
次の瞬間、轟音と共に光に包まれる。
そして、それが薄れ周辺の状況が見えてきた。

「やっと地形が変わらなくなってきたでございますな。さすがは渉殿でござるよ」
「………それはどうも」

完全に嫌味だろと思いながら、お礼をいう事にした。
特訓をするごとに、周辺の地形を大きく変えてしまったため、パネトーネさんの言葉に反論できない。
だが今回は、周辺の地面は多少抉れているが、それほどひどくはない。

「うむ。これも進歩でござるよ」
「ありがとうございます。師匠」

特訓の間だけ、俺はダルキアンさんの事を師匠と呼んでいた。
何故かはわからないが、彼女にはそれほどの威厳のようなものがあるのだ。
それを知ったパネトーネさんも、何故か教えると言い張ったのは、また別の話だ。
その為、僕は彼女たちに教えてもらった紋章術は、少しずつマスターできていた。

「それでは、行くでござる」
「はい! お館さま」

ダルキアンさんの声に、俺達は彼女の後をついて行くのであった。










旅を始めて早7回目の朝を迎えた。
目的地であるビスコッティ共和国までは、まだかなり遠いらしい。
そして、彼女たちの旅の目的。
なぜ彼女たちは旅をするのか。
それが分からなかったが、ようやくそのことが分かる時が訪れた。

「「「ッ!?」」」

”それ”を感じたのは、俺達全員だった。
体中を続々と震え上がらせる負の気配。
それが俺の感じたものだった。

「お館さま」
「うむ………渉殿どうやら魔物の類がこの周辺にいるようでござる」
「なるほど………やっぱりこの気配はそうか」

ダルキアンさんの言葉から、やはり魔物だったようで、俺はそう呟いた。

「渉殿のは、この魔物の気配が分かるのでござるか!?」
「……? 何かおかしいか?」

俺の言葉に慌てた用に聞いてくるパネトーネさんに、俺は首を傾げて聞き返す。

「い、いや。おかしくないでござるよ」
「渉殿、力を貸してくれるでござるか?」

ダルキアンさんが、いつになく真剣な様子で俺に聞いてくる。
だが、俺の答えなど既に決まっていた。

「当然だ。色んな恩が二人にはあるからな。この小野 渉、微力ではあるが、助太刀する」
「うむ、感謝するでござる。では、ユキカゼ、渉殿行くでござるよ!」

そして、俺達は魔物がいるであろう方向に向けて駆けだした。










「これは驚いたでござる」
「ああ、まさか広範囲に散布して生息しているとは」

崖の上から、魔物がいるであろう下の方を見ると、そこには四方八方に魔物がうろついている様子を感じた。
下は森林部、その姿を見ることはできないが、いることは間違いない。

「手分けした方がいいでござるな」
「だったら、こっから半分は俺一人でやる。残りの半分は二人で」

ダルキアンさんの呟きに、俺は神剣を使って位置を示した。

「そ、そんな!?」
「渉殿一人では危険すぎる! ユキカゼと二人で――「馬鹿にしないでください。あんな小物程度に敗れるほど、俺は弱くはありません。それは二人がよく知っていると思いますが」――……分かったでござるよ」
「お館さま!?」

俺の言葉を聞いたダルキアンさんが、俺の提案を認めるとパネトーネさんが驚いた様子でダルさんの名を呼ぶ。

「そのかわり、絶対に生きて合流するでござるよ?」
「分かってるさ。それじゃ、行ってくる」

ダルキアンさんの言葉にそう答え、俺は森林部に飛び降りようとする。

「渉殿!」
「何、ダルキアンさん?」

俺を呼びとめたダルキアンさんの方を見ると、何故か視線を泳がせていた。

「その……気を付けて」
「どうも」

頬を染めながらのその一言に、俺は首を傾げながらも、崖を飛び下りたのであった。
とうとう、俺の最初の戦いが幕を開けようとしていた。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R