健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF第1話 出会い

「ん……」

俺が目を覚ますと、そこは全く知らない森の中だった。
近くには焚火があった事から、俺以外にも人がいた事は確かだろう。

「取りあえず、ここから離れるか」

どうしてここにいるのかはさっぱりわからないが、偶然ここにいたのかもしれなければ、何者かが俺を連れ去ったと考えられる。
そして俺は、その場を離れるのであった。










左右には雑草のようなものが生えている、森の道をしばらく歩いた時だった。

「ッ!?」

何者かの鋭い視線を感じた。
これは、殺気!!
それを理解した瞬間、草を踏みしめる音がしたため、俺はその場を飛びのいた。
そして180度回って後ろの方を見た。
そこにいたのは……

「グオオオオオオ」

雄たけびを上げる、月明かりに照らされた黒っぽい怪物だった。
目が赤く輝いているのが、恐ろしさに醸し出していた。
しかも、数は軽く10を超えていた。

「この怪物……忌わしい気があるな」

怪物から感じ取った邪気に、俺は即座に気付いた。

(どう見ても敵対行動だし、邪気を放っているのであれば浄化をすることが出来るな)

ノヴァから、敵対行動と邪気を放っていない場合の、必殺級の魔法行使は禁止されているのだ。

「それでは始めますか。吉宗、正宗!」

俺は、自分の持つ武器を呼び出す。
相手の攻撃を防ぐ楯の役割の”吉宗”、相手に攻撃を仕掛ける矛の役割の”正宗”の二本ので一本という不思議な剣だ。

「グオオ!!」

その剣を見た瞬間、怪物が一斉に飛び掛かってくる。
俺はそれを横に移動して回避する。

「我と共に奏でよう。レクリエム!!」

そして一気に怪物達に向けて、白く光り輝く剣を振り下ろす。
その瞬間、俺の視界は”白”一色に包まれた。
聞こえるのは、怪物たちの断末魔だった。
やがて光が晴れると、そこに怪物たちの姿がなかった。

「ふぅ……どうやら、終わったようだな」

それを確認した俺は一息つきながら呟いた。
剣はしばらく出しておこう。
そして、もう一度歩き出そうとした時だった。

「そこにいる方~!!」
「待ってほしいでござる!!」

俺の背後から掛けられた声に、俺は振り返った。
そこには、片手を振って向かってきている金髪の少女に、紫色の髪をした女性がいた。
いや、それは問題ではない。
一番の問題は……

(あれって……耳だよな?)

二人の頭には動物の耳のようなものがついていたのだ。
最近はやりのコスプレか?

「はぁ……はぁ」
「ようやく、見つけたでござる」

俺の前にたどり着いた二人は軽く息をきらせていた。
そんな時、俺は気付いた。
二人の背後に俺が相手にした怪物が忍び寄っていることに。

「ッ!! 二人とも、伏せろ!!」
「「っ!?」」

俺の叫び声に驚きつつも、二人は頭を伏せた。

「グオオオオオ!!!」

その次の瞬間、まるで親の仇のように俺に飛びかかってきた。

(今の状況で縦振りのレクリエムは出来ない。ならば)

俺は即座に判断をすると、吉宗と正宗を重ね合わせる。
神剣は、一瞬光を発すると、その姿を弓矢に変える。

「貫け、光矢!」

怪物に照準を合わせ、さらに霊力を込め俺は白銀の光が纏った矢を射た。

「グオオオオオオオ!!??」

まるで断末魔のごとく、貫かれた怪物は消滅した。

「ふん、さっきので浄化されてれば苦しまなかったものを」
「お見事でござる」

静かに呟く俺に賭けられた声は、称賛のものだった。

「二人ともお怪我は?」
「拙者はないでござる」
「私もでござるよ」

紫色の犬耳が生えた女性に続いて、金色のキツネ耳が生えている少女が答えに、俺はほっと胸を撫で下ろした。

「それはよかった。美人な女性に怪我でもさせたら、大変だからな」

そう言ったのは、ノヴァから”美人な女子に怪我をさせたらそのものは死刑物じゃ”と言われていたからだ。

「「び、美人///」」

しかし、二人はなぜか頬を赤らめていた。

「ところで……だ」
「な、何でござるか?」

未だに頬が赤い女性は俺の言葉に、聞いてきた。

「俺は、小野 渉。あなた達は?」
「あ……」

二人とも、自己紹介がまだだった事に気付いたのか、はっとした様子で顔を見合わせていた。

「これは失礼した。拙者はブリオッシュ・ダルキアンと申す」
「私は、ユキカゼ・パネトーネと申します」

これが、今後俺の人生に大きな変化をもたらす人物たちとの出会いだった。

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R