健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第45話 旅行

シンクが地球に戻ってからしばらく経ったある日の昼下がり、俺は姫君がいる場所へと来ていた。

「次元転送?」
「はい、そうです。私が保有する特殊なルートを利用することに言って色々な世界に行くことが出来る技術です。これが実用化できれば、このシンクと毎日好きな時に会うことが出来ます」

俺の説明に、姫君は分かっているような分かっていないような様子だった。
そんな彼女を無視しつつ、俺はある提案をすることにした。

「これからその実験がてら、シンクがいる世界に行くんですが、一緒に行きますか?」
「え? いいんですか?」

俺の提案に、姫君は明るい表情で聞いてきた。

「ええ、もちろんです。姫君がよろしければ私は一向に構いません」
「でも……」
「ああ、秘書の方たちの件なら大丈夫です。今は昼休み。あと20分39秒はここには来ません」

表情を曇らす姫君に、俺は心当たりがある問題点を口にした。
そう、怖い秘書の人がいつ来るかもしれない状況で行くのは問題が多い。
だが、この時間帯は余程の事がない限り来ることがないことは、すでに実証済みだ。

「でしたら、ちょっとだけ」
「では、これから準備をしますので、準備が出来るまでシンクに手紙でも書いたらどうです?」

俺はそう提案すると、彼女に背を向けて神剣を取り出すと、何もない場所を切り裂いた。
すると、次元空間への入り口が開かれた。

「姫君、準備は良いですね?」
「はい」
「それでは、シンクの元に出発!」

そして、俺達は次元空間へと身を投げるのであった。










揺られること数十秒。
僕達が降り立ったのは、どこかの森のような場所だった。

「ここが、シンクの住んでいる世界なんですね」
「そうでしょうね」

目を輝かせて周りを見る姫君にそう答えると、俺はシンクのいる場所を探す。
シンクがいる世界の、シンクがいる場所の近くを目的地にしていたのだ。
だから、この辺りにいるはずだ。

「あ、シンクだ」
「え?!」

俺の視線の先には、木の棒を回しているシンクの姿があった。
どうやら練習をしているようだ。

「それじゃ、行きますか」

俺はシンクの元に歩き出すが、どうもおかしいと思い振り向くと、木の陰に隠れている姫君の姿があった。

「どうしたんです?」
「あ、あのこれをシンクに渡してください」

そう言って一通の手紙を手渡してくる姫君。

「どうしてです? 会えばいいでしょうに」
「その、ちょっと恥ずかしくて」

そんな姫君の回答に、俺はため息をつきそうになるのを必死堪え、そこにいるように告げてシンクの元へと向かった。

「勇者シンク」
「ふぇ!? って、渉!!」

俺が声をかけると、驚いた様子で俺を見ると駆け寄ってきた。

「どうしたの? というよりフロニャルドにいたんじゃ?」
「ふん、この俺にそんな常識は通じない。世界を渡ってきただけだ」

シンクの疑問にそう答えると、俺は姫君に渡された手紙を差し出す。

「えっと、これは?」
「姫君からの手紙だ」
「姫様からのッ!?」

俺の言葉に、驚いた様子のシンクに背を向けた。

「あれ、もう帰るの? お茶ぐらい飲んで行けばいいのに」
「お前の様子を見るのと、この手紙を渡すために来たようなもんだ。俺も休みを返上してきてるのでな」

そう言いながら手をひらひらとさせて、シンクの前から去って行く。
どうやら記憶取り戻したようだ。

「さて、帰りましょうか? 姫君」
「はい。渉さん」

次元空間を開こうとする俺に、姫君が声をかけてきた。

「ありがとうございます」
「……どういたしまして」

姫君からのお礼の言葉に、俺はこういうのも悪くないなと思いつつ返事をすると、次元空間に入るのであった。










「っと、到ちゃ………」
「渉さん、どうされまし……た」

姫君の部屋へと戻った俺達を待ち構えていたのは、こめかみを震わせている秘書の人と全身から怒りのオーラを漂わせて腕を組む親衛隊長だった。

「ちょっと私達と一緒に」
「来いっ!」
「………どうやら、今日の俺は厄日の様だ」

秘書の人と、エクレに肩を掴まれて連れて行かれる中、俺はそう呟いた。
それから先は只々地獄としか言いようがなかった。
その地獄から解放されたのは朝日が覗きだした頃であった。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R