健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF第12話 対決! ゴドウィン

「うおおおおお!!!」
「はぁあああああ!!!」

最初に仕掛けてきたのは、ドリュールさんだった。
ドリュールさんは俺に向けて鉄球を投げてきた。
どうやら斧と繋がっているようだ。
俺はそれを神剣二本を交差させて防ぐと、真横に逸らした。
次の瞬間、ものすごい音と共に、鉄球が地面に命中した。

(ものすごい威力だ。あんなの一度でも喰らってらひとったまりもない)

俺は、地面にめり込んでいる鉄球を見ながらそう考えると、改めて気を引き締める。

「俺の攻撃を防ぐとは、中々やるな小僧」
「それはどうも。貴方も、とてもお強い」

ドリュールさんの言葉に、俺も答える。
お互いに視線は逸らさない。
目の前に立っている人は、ただのガタイのいい人ではない。
完全な武人だ。

(少しは楽しめそうだな)

「でも……」
「「勝つのは俺だ!!」」

俺とドリュールさんの声がそろった。
そして一気に動き出す。
俺は、持ち前の機動力を生かして彼の背後を取る。

「ッ!?」
「せいやぁ!!」

背後を取り、さらに不意を突いた一撃。
決まるかと思ったが、ドリュールさんは前方に移動することでこの一撃を回避した。

「貰ったぁ!!」
「しまッ!?」

空振りしたことで完全に体勢が崩れた俺に、ドリュールさんは斧を振りかざす。

(仕方ない、あれを使うか!!)

俺はそう考えると、即座に左手をかざす。
次の瞬間、目の前まで迫っていたドリュールさんの斧は少しだけ遠ざかった。
その隙を狙って、俺は転がるようにしてその場から離れる。
すると、今まで俺の立っていた場所に斧が突き刺さった。

「何っ!?」

ドリュールさんが驚きのあまり声を上げる。
だが、俺は次の行動に移っていた。

「驚いている場合ではないぞ?」
「ッ!?」

ドリュールさんの真横に移動した俺の言葉に、彼は驚きながら俺の方を見る。

「紋章術、滅」
「ッぐ!?」

それは、ただ純粋に斬りつけるだけの技だ。
だが今の攻撃が通ったようで、ドリュールさんは脇腹を抑えていた。
俺は、それを確認するまでもなく元の位置に戻った。

「中々やるな小僧。この俺にダメージを与えるとは」
「いえいえ。ただのまぐれですよ」

ドリュールさんの称賛の声に、俺は謙虚に答えた。
だが実際には、俺は与えられる自信があった。
ドリュールさんはおそらく攻撃型。
一撃一撃の攻撃力が馬鹿でかいのが特徴の攻撃型は、機動力がないのが欠点だ。
もちろん全員が全員そうだとは言えない。
だが、今目の前にいる人物には言えそうだ。
だとすれば俺の取るべき行動は――――

(攻撃の威力を捨てて、速さで勝負をかける)

地道な戦いになるが、これならば勝率は少しは高まる。

「はあああ!!」
「うおおおお!!!」

そして俺達は再び駆けだす。
ある時は背後を取り、またある時は背後を取られ。
互いに苦戦しあうが、とうとう決着のときは訪れた。

「うおおおおお!!!」

ドリュールさんが鉄球を投げつける。

(今だっ!)

その時を見計らって、俺は再び先ほどやったように左手をかざす。
次の瞬間、ドリュールさんの放った鉄球は少しではあるが俺から遠ざかっていった。
それを確認しながら、俺はドリュールさんの背後を取る。

「何!?」
「紋章術、裂空一文字!!!」

それはブリオッシュさんの使った紋章術だった。
彼女よりはやや劣るものの、弧を描いてドリュールさんを切り裂いた。

「ぐううう!!?」
「拙者の紋章術を……やはり渉殿は」

防具のようなものが壊れ、ドリュールさんは地面に膝をつけた。
この時、軍配は俺に上がった。

「見事だ小僧」
「恐縮です」

ドリュールさんは静かに呟いた。

「お館さま―! 渉殿ー! 大変でございます! 敵増援でございます!」

そんな時、ユキカゼさんからの警告が聞こえてきた。

「数は?」
「それが、一騎のみであります。レオ姫様が一騎掛けでいらしているであります!」

ブリオッシュさんの問いかけに、リコが答えた。

(レオ姫?)

俺は突然出てきた名前に、首を傾げる。

「ふむ……渉殿、すまぬが奥の方に向かってくれないでござるか?」
「分かりました。それでは失礼をば」

ブリオッシュさんの指示に、俺は素直に従う。
こういった場所での上に立つ者の指示には、素直に従っておく方がいい物だ。
まあ、従ってはいけないときもあることにはあるが。

「ドリュールさん、また機会がありましたら、お手合わせをお願いします」
「俺もだ。次こそは俺が勝たせてもらおうぞ!」

ドリュールさんの言葉を聞きながら、俺はその場を後にしたのであった。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R