健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF第14話 気遣いと告白と

「痛つ……なんで俺まで殴られるんだよ?」

俺は、女性の人に殴られた頭をさすりながら文句を口にする。
いくらなんでもひどい。
俺は完全に今回の戦とは無関係だ。
いや、参加していた時点で俺も共犯なのか?

「頭をさすって、どうしたのでござるか?」
「ああブリオッシュさ――ッて、貴方こそどうしたんですかその格好!?」

ブリオッシュさんに声を掛けられ、声のした方を見た俺は、思わず声を荒げてしまった。
ブリオッシュさんの格好とは、インナーのようなものしか着ていないものだった。

「ふむ、ちょっとレオ姫とやり合ってこうなったのでござる」

(や、やり合ってって……どうすればこうなるんだ?)

そんな疑問を抱きながらも、俺は着ていた礼装の上着を脱ぐと、ブリオッシュさんに羽織らせた。

「渉殿?」
「着ておけ。その姿じゃ寒いだろうし、その……色々と目のやり場に困る」

俺は後半の部分のセリフは、ブリオッシュさんから目をそらして言った。

「せ、拙者はそんなに魅力的でござるか?」
「その問いかけ、”そうだ”以外に見当たらない。それにブリオッシュさんはどう見たって美人だと俺は思う」
「び、びじッ!?」

俺の答えに、ブリオッシュさんが頬を赤らめた。

(そんな表情もできるのか)

そんな彼女を見て、俺はふとそう思ってしまった。

「そうか、拙者は美人でござるか」

ブリオッシュさんが小さな声でつぶやく。

「あ、渉さん!! ダルキアン卿!」
「ん?」

少女の声がしたので、声のした方を見ると、そこには手を振って駆け寄ってくる栗色の少女、リコの姿があった。
そして、その横には俺が対峙していた人物たちと銀色の髪の少年も。

「リコか、その様子を見ると、問題はないようだな」
「ハイであります。渉さんのおかげです」

俺の言葉に、リコは嬉しそうに答えた。

「で、あんたは誰だ」

俺は、横にいた銀色の髪の少年たちに問いかけた。

「お、俺!? って言うか、そっちから名乗るのがセオリーだろ!」
「小野 渉だ。呼び方は渉でいい」

俺は少年の言うことに一理ありと思い、名を名乗った。

「俺はガレット獅子団領の王子、ガウル・ガレット・デ・ロワだ。ガウルでいいぜ」
「ガレット獅子団領のガウ様直属の隠密部隊、ジェノワーズのノワール・ヴィノカカオ」
「同じく、ベール・ファーブルトン」
「同じく、ジョーヌ・クラフティやで~」

ガウルに倣って、黒髪の少女にウサギ耳の女性、虎柄の髪の少女の順で名前を名乗って行った。
三人とも、微妙に俺に対して視線が痛い。
まあ、あれだけの事をしたのだからしょうがないかもしれないが。

「三人とも、前はすまなかった。戦とはいえ、少々卑劣すぎた」
「え? べ、別にもう大丈夫ですから」
「気にはしていない」
「一緒に戦った者通し、仲良くしていこうで~」

戦でのことを頭を下げて謝ると、三人は慌てながら、そう言って許してくれた。
どうも戦になると、昔の悪い癖が出てしまう。
これは、直さないと。

「ッと、そうだ。二人とも急がねえと姫様の歌が始まっちまうから、聞きたいんなら中に入った方がいいぜ」
「そうでござるな。渉殿も、一緒に行くでござる」

ガウルの言葉に、ブリオッシュさんは、そう答えると俺に声をかけてきた。

「申し訳ない。俺は少しここで夜風に当たりたい。すぐに行くから先に行っててくれますか?」
「う、うむ……分かったでござる」

俺が断ると、ブリオッシュさんは、表情を曇らせて言うとそのまま中へと入って行った。
そして、俺は夜空を見上げるのであった。










それからしばらくした時であった。

「渉殿~!」

俺を呼んだのは、手を振りながら駆け寄ってくるユキカゼさんだった。

「ん? ユキカゼさん。今までどこに行ってたんだ?」
「ちょっと勇者殿にご挨拶を」

俺の問いかけに、ユキカゼさんは、そう答えた。

「勇者って言うと、あの金髪の奴か」

俺は、銀色の髪の女性に殴られていた少年を思い出した。
彼がその勇者なのだろう。

「ブリオッシュさんは、中に姫君の歌を聴きに行っているから、行ったらどうだ?」
「渉殿は?」
「俺は、ここで夜風に当たっている」

ユキカゼさんの聞き返しに、俺は静かに答えた。
それを聞いてユキカゼさんは、建物の中へ向かったが、引き返してきたのか、俺の後ろに立った。

「渉殿」
「何だ?」

ユキカゼさんに声を掛けられた俺は、後ろを振り返ると、俯いて両手をもじもじと動かしているユキカゼさんの姿があった。

「その……えっと……」
「……」

しどろもどろになっている彼女が、言い出せるようになるまで、俺は静かに待った。

「拙者、渉殿の事が………」

ゆっくりと、ユキカゼさんが言いだした。

「好きでござるっ!!!」

その瞬間、俺はまるで時間が止まったような錯覚を感じた。

「えっと、返事は何時でもいいでござるから………それじゃ、失礼するでござるよ!!」

頬を赤らめたままそう言い切って、彼女は走って行った。
残されたのは、突然の事に戸惑う俺だけとなった。

(今のって………告白、だよな?)

混乱している俺がようやく理解できたのは、それだけであった。


こうして、突如舞い込んだ戦は無事幕を閉じた。
――俺自身の問題を除いて。




3人称Side

渉が告白を受けて空を見上げている時、それを見つめる人物の姿があった。

「渉殿……」

その人物は、渉が来ていた青地の上着を手にしていた。

「やはり、”私”では、ダメなのでござるか?」

一人称を変えたその人物は誰に聞くでもなく、ボソリとつぶやいた。
そして、すべてが動き始めるのは、そう遠くはない。

Side out

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R