健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第19話 星詠み~襲撃と合流~

シンクを出迎えに言った俺は会う事もなく、フィリアンノ城まで来ていた。
そこで、エクレを探してシンクの居場所を聞いたのだが……

「はい!? エクレ、もう一回」
「だから、へっぽこ勇者はもう出たと言っている!!」

そんな答えが返ってきたのだ。
俺は慌てて元来た道を引き返す。

「あ、おい!!」

エクレの制止も聞かずに。










「………」

引き返したのはいいが、俺はさらに困った状況に立たされていた。

「ここどこ?」

そう、道に迷ったのだ。
どうやらどこかで曲がる場所を間違えたようだ。
戻ろうにも、来た道も忘れてしまった。
つまりは、完全に迷子状態だ。

「……歩くか」

俺はそう自分に言い聞かせると、ただひたすらに歩いた。

「ん?」

しばらく歩いた俺は、ある音を聞いた。
そっちの方向に走った。

「川だ!!」

そう、そこにあったのは川だった。
そして俺は思い出した。
ダルキアン卿と釣りをした場所が川であった事を。

「ここを辿って行けば、目的地に到着する!!」

俺はそう思い川岸に降りると、上流に向かって駆けた。










「なんで、こうなる」

しばらく進むと、川岸はなくなっていたのだ。
しかも上に行こうにも崖のようになっていて上がれない。
身体能力を駆使すれば行ける高さだが、今の状態ではあまりそう言うのを使いたくはないので、俺はしょうがなく川の中に入って進むことにした。
………とても冷たい。
そうしてさらに進んだ時だった。

「グオオオオオオ!!!」
「うわぁ!?」

突然川から飛び上がったのは、ものすごい大きさの変な魚みたいな生き物だった。
しかもそいつは俺をまるで飲み込まんとする迫力で口を広げていた。

「吉宗!!」
「グオオオオオオ!!!」

俺は吉宗を右飛んで避けながら魚に向けて投げつけた。
それは見事魚の腹部分に命中した。
そして俺は……

「わぷ!?」

全身ずぶ濡れになった。
一応吉宗は魚や木などを切ることはできないので、一応大丈夫だ。
それにもしかしたら食材になるかもしれないと思い、吉宗に俺が生成したロープをくくりつけて、引きずるように運ぶ。
それに伴って俺の足取りもさらに重くなった。
そして、俺は上流に向けて進むのであった。





3人称Side

場所は変わってダルキアンが釣りをしている場所。
そこには、シンクとダルキアンの二人の姿があった。

「え!? 渉がこっちに言ったんですか?!」
「うむ、そうでござるのだが、勇者殿は会ってはいないようでござるな」

シンクの驚きようからそう捉えたダルキアンが顎に手を当てて考え込んだ。

「もしや渉殿は裏道を通られたでござるか?」
「裏道?」

ダルキアンの言葉に、シンクが首を傾げた。

「うむ、勇者殿が来られた道が主流でござるが、途中の分かれ道を来られた方とは逆に行くと裏道につながるのでござる。おそらく渉殿はそっちを通られたのかと」
「た、大変! すぐに探さないと!!」

シンクは慌てて立ち上がる。
そう、手にしていた釣り道具を手放して。

「痛っ!? 誰だ!! こんなものを落とした奴は!!」
「この声は……」

突然聞こえた声に驚いた二人は、あわてて声のした方向に向くがそこには誰もいない。
何せ地面がない崖なのだ。
宙に浮かんでいない限り、そこに誰もいないのは当然のことだ。

「こっちだ、こっち!」
「渉!!?」

再度発せられた声に、二人は下に流れる川を覗き込んだ。
そこには、川の中で覗き込む二人を睨みつけている、渉の姿があった。

Side out

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

一応吉宗は魚焼きなどを切ることはできないので、大丈夫だ。

↑えっと………… 魚焼き?ですか?



二人は驚きながら、声のした方向を覗き込んだ。

↑「覗き込む」は方向が限定されているときに使う動詞なので、 「方向を覗き込む」という使い方は本来は正しくなく、「声のした方を向く」か「川の中を覗き込む」などの使い方が良いと思います。

↓一応修正の例を書いておきます。

二人は驚きながら、声のした方向を向いた。しかし、そこには誰も見当たらない。

「こっちだ!こっち!」

今度は下から声が聞こえたので水の中を覗き込むと、そこには水の中で覗き込む二人を睨みつけている渉の姿があった。



あまり自信はありませんが…こんな感じにしてみてはどうでしょうか?

  • コメント編集
  • 2012/07/29(Sun.)
  • ペンネーム不詳。場合によっては明かします。

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R