健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第17話 相反

「ん………」

俺が目を覚ますと、そこは俺に割り当てられた部屋の天井だった。

(確か、あの時、魔物を退治して倒れたんだよな)

俺は簡単に倒れる前の事を思い起こしていた。

「起きたか」
「あ、エクレール」

声をかけられた俺は、その方向を見るとそこには若干強張ったエクレールが立っていた。

「全く、いきなり倒れるから」
「心配してくれたのか?」

俺の言葉に、エクレールの耳が赤くなった。

「な、何を言う! ただ……驚いただけだ」

そう言うと俺が横になるベッドの横まで移動した。

「医療班が風邪だと言っていたが、いつからだ?」
「……明確な症状が出ていたのは起きた時からだ」

エクレールの有無も言わせぬといった雰囲気に、俺は正直に答えた。

「体調が悪いのならなぜ出る前に言わない」
「言った所で、治るわけでもない。これは寝ていて治るようなもんじゃない」

俺の言葉に、エクレールは首を傾げる。
俺は”それに”と付け加える。

「俺が頓挫したら、エクレール一人で出撃になるだろ。何だかそれが嫌だったんだよ」
「そうか」

エクレールが答えた後、部屋内が微妙な空気が漂っていた。

「その、何だ……背後から来た魔物から守ってくれただろ」
「ああ、あれか」

俺は、そのことを思い出しながら呟いた。

「その………ありがとう」

最後の方はすごく小さかったが、なんとか聞き取ることが出来た。

「どういたしまして」
「~~~~~~ッ!?」

その俺の答えに、エクレールは顔を真っ赤にして部屋を逃げるように出て行った。

(全く、あいつは……)

俺はそのことに笑いながら思うと、別の問題を考えた。
それは、起きた時から起こっていた症状だ。

「物体化抵抗症状か」

俺達は天界にいる時は実体のない………いわば魂のみの形で過ごす。
これを霊体と呼び、シンク達のような存在を物体と呼んでいる。
こういう世界では霊体でいる訳にもいかず物体化をしなければいけないが、物体化した自分に耐えきれなくなってしまう事が多々ある。
それが”物体化抵抗症状”と言われるものだ。
症状は発熱に眩暈、食欲不振と言ったものが主だ。
治すには天界へ戻るしかない。

(まあ、天界に戻れればの話だけど)

俺は苦笑い交じりに呟く。

(今日は一日ゆっくりと眠らしてもらおうかな)

俺はそう考え、部屋に高濃度の霊力を散布する。
これで、擬似的にではあるが天界と同じ空間を作り出すことが出来る。
勿論、微々たるものであるが、異常状態を直すのには申し分ない。
そしてもう一度ベッドにもぐりこんで寝ることにしたのであった。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

エクレールの有無も言わせるといった雰囲気に、俺は正直に答えた。


↑「有無も言わせる」ではなく「有無も言わせぬ」ではないでしょうか?

  • コメント編集
  • 2012/07/29(Sun.)
  • ペンネーム不詳。場合によっては明かします。

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R