健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9話 姫様奪還戦開始!

ナレーターが実況を初めているさなか、俺とシンクは外へと向かっていた。
それはエクレールと合流するためであったのだ。

「あ、エクレール! 丁度いい所に……大変なんだ。姫様が攫われちゃって、だから僕達急いで助けに――――」

そこにいたのはものすごい速度で走りながら、こっちに向かってくるエクレールの姿。

(こ、怖ッ!?)

その表情はまるで鬼を思わせるような感じだった。
なので俺は何があっても大丈夫なように回避する準備をした。

「こっの、ど阿呆ぉぉがあああああ!!」

そして俺の予想も的中し、エクレールがとび蹴りを仕掛けようとしてきた。
ちなみに俺の位置はシンクの左側、つまりはエクレールのとび蹴りの攻撃範囲内だった。
俺は即座に後方にバックステップで回避するが、シンクはものの見事にとび蹴りを喰らい柱の方に吹き飛ばされた。

「痛いよ! 何すんの?!」
「それはこっちのセリフだこのど阿呆! 勝手に宣戦布告を受けてどういうつもりだ!!」

「はっ、はい?」

エクレールの罵声に、シンクが首を傾げた。
そしてこっちをものすごい形相で睨みつけてきた。

「そして渉は避けるな!!」
「避けるわ!! 誰が嬉しくてわざわざ痛い目にあうか!!」

俺はエクレールにもう反論した。
俺は別にマゾではないからな!!
その後俺達は急いで姫様のいる場所へと向かうのであった。





3人称Side

「宣戦布告を受ければ、公式の戦と認めた事になる。普段の戦闘ならいざ知らず、よりによって姫様をあまつさえこんなタイミングで……」

ミオン砦に動物……セルクルに乗って向かっている時、エクレールはシンクに対して怒鳴っていた。

「コンサートの姫様の出番まで、あと一刻半しかないんだぞ? ……聞いてるのか勇者!」

後ろにいるシンクに、エクレールは若干キレ気味に怒鳴った。

「きっ、聞いてっうわあぁぁあ!? 聞いてる!」
「大体、貴様は何でまともにセルクルにも乗れんのだ!!黒音は普通に乗れてただろうが!」

今にもセルクルから落ちそうなシンクに、エクレールが怒鳴りつける。
宣戦布告の一件でエクレールの機嫌は最悪であった。

「そんな事言われてもー!」
「エクレ、あんまり怒ると血管切れるでありますよ?」

リコッタの心配そうな言葉に、エクレールは前方へと顔を向けた。

「……エクレール、リコッタごめん。勝手な事して」

しばらくの間無言であったが、突然シンクが口を開いた。

「僕の世界では、悪者が姫様を誘拐するのって、大変な事なんだ、だから――――」

シンクはそう言いながら体制を整えた。
シンクの言葉に、リコッタやエクレールは少なからず驚いている様子だった。

「黙っていられなかった! ……でも大丈夫! 姫様も助けるし、コンサートにも絶対間に合わせる!」

シンクはそう言いながら神剣『パラディオン』を手に具現化する。

「ふんっ! ……当然だ」

「自分も微力ながら、頑張るでありますよー!」
「うん! ありがと!! リコッタ、エクレール」

エクレールとリコッタにお礼を言うシンク達は、ミオン砦へと向かう。

「む、そうだ。渉はどうした!」
「あれ? そう言えばさっきから静かで……って、いない!?」

エクレールの問いかけに、シンクは後ろの方を見るが、そこには誰もいなかった。
そう、なぜか渉の姿はなかった。

「最後に私が見たのは、セルクルがいる場所であります」

リコッタが知っていることを告げた。

「と言うことは……」
「あの馬鹿者!! こんな時に一体何をしておるのだああああ!!!!」

シンクの仮定をいち早く悟ったエクレールが、本日最高ボリュームで怒鳴り声を上げた。
これには二人は苦笑いを浮かべるしかなかった。










ちなみに、その頃渉はと言えば……

「ですから、セルクルにお乗りになった方がいろいろと便利ですと、申しあげております!!」
「だ・か・ら! 俺はセルクルとかいう動物ではなく自分の足で行きたいだって!!」

見送りに出ていたメイドの人と言い争っていた。
その原因は渉がセルクルに乗るのを拒否したからである。

「くどい!!! 一体何度言わせる気だ!!」
「貴方こそ!! いい加減分かってください!!」

二人の喚き声が夜の空に響き渡るのであった。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R