健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外伝 デート(マミ編)

さて、突然だが、俺は今おそらく一番のなぞに遭遇している。

「………あの」
「何かしら? 渉君」

俺の言葉に首を傾げるマミさん。

「なぜにあなたは俺の腕を掴んでいるんですか?」
「なぜって掴みたいからよ? 暁美さんだけデートに誘って私をのけ者なんてないよね?」

なぜだろう?
マミさんの万弁の笑みが一番恐ろしく感じるのは。

(きっと俺の心が穢れてるからだ! きっとそう)

「それで、どこに行くんですか?」
「渉君にももう少し紅茶の魅力を知ってもらうためにティーショップよ」

俺の疑問に、マミさんはそう答えてくれた。
だが、俺紅茶は嫌いではない。
どちらかと言えば好きな方だ。
俺は静かに彼女に引っ張られるがまま、ティーショップへと向かうのであった。










「何を買うんですか?」
「そうね……まずはティーカップを2,3個。後は紅茶の葉っぱね」

ティーショップに到着した俺達は、紅茶の道具を選んでいた。
そう言えば俺の家には、こういったものが一切なかったようにも思える。
まあ、あの時にはそんな必要性なんかもなかったしな

「渉君、これとこれ、どっちがいいかしら?」
「えっと……これで」

俺は目の前に差し出された缶を見て、適当に選んだ。
ちなみにこの時の会計も、前のように洗脳で払ったように思わせることにした。
マミさんが非常に申し訳なさそうに店員さんを見ていた。
きっと何かいいことがあるよ、たぶん。

(俺も、何かバイトとやらを始めてみるか)

そんな事を思いながら俺達は帰路についた。

「今日はありがとうございました」
「ううん、気にしないでいいのよ。私は渉君とお出かけをしたかっただけなんだから」

その時のマミさんの笑顔は、前のような恐ろしさもなく、只々光り輝いていたのがとても印象深かった。










おまけ マミさんの地獄レッスン

さて、紅茶の道具を勝手からと言うもの、俺にはある地獄までもが付いて来ていた。
そう、マミさんの紅茶の入れ方講座だ。
一見すると非常にいいことに見えるかもしれないが。

「った!!」
「そこが違うのよ。良い? 紅茶と言うのはこうするのよ!」

スパルタなのだ。
今叩いたのはハエ叩きという道具だ。
しかもこれ、地味に痛い。

「ちょっと、渉君、聞いてるの!?」
「聞いてます!!」

例にもよってまどか達は全員が逃げていく始末だ。

「渉君!!!」
「うぎゃああ!!」

この地獄のようなレッスンは2週間にも及んだ。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R