健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第20.5話 「どうしてこんなことになるんだ?」

ワルプルギスの夜が来るまであと数日。
早速だが、だれか俺の疑問に答えてくれ。

「どうしてこんなことになるんだ?」

一人でとぼとぼと道を歩く俺の手にはスーパーのレジ袋があった。
中身は食料品(お菓子)だ。
ちなみに反対の手にある紙袋の中身は、二人の少女の着替えやら服だったりする。
これを頼んだのは、二人の”元”魔法少女だ。

「ホントにやってくれるな、あの二人は」

まさか俺をパシリにするとは……
俺は、二人をどういびろうかと考えながら拠点地へと戻る俺であった。










「だから、それがおかしいんだって!」
「いいや、あんたの方がおかしい!」

拠点地に戻った俺を出迎えたのは、さやかと杏子の口論だった。

「あ、おかえりなさい」
「ああ、ただいま……でこの状況はなんだ?」

俺は奥から出てきたマミさんに、今の状況説明を頼むことにした。

「何だかわからないけどお菓子のことで言い合ってるみたい」
「はあ?」

俺は久々に首を傾げた。
と言うより何だよお菓子についてってどういう事だよ?

「「渉!」」
「な、何だよ」

首を傾げていると、二人が俺の真ん前に仁王立ちして大きな声で呼んできた。
俺はそれに若干たじろぎながら尋ねた。

「渉は洋菓子が好きだよね!」
「違うよな、和菓子だよな!」

二人して問いかけてくる言葉で、俺はようやく趣旨が分かった。
要するに二人は和菓子と洋菓子の、どっちがいいかで言い争っていたのだ。

「くだらん」

俺は二人の質問をそう一刀両断した。
と言うより本当にくだらない。

「そんな低レベルな事で言い争う暇があったら少しは鍛錬でもしろ。ワルプルギスの夜までもうそう日はないんだぞ」
「そんなことは分かってるよ」

俺の言葉に、さやかは反論する。

「あ、それとこれ頼まれてたものだ。言っておくが俺は便利屋じゃないからな?」
「あ、ありがとう」
「悪いね」

俺はレジ袋を杏子に、紙袋をさやかに渡した。

「でも、これ全部どうやって持ってきたんだよ」
「今日このについては店員を洗脳して払ったように思わせて、さやかのについては家にいる人全員を眠らせて侵入……と言った所かな」

杏子の問いかけに答えると二人の表情がこわばった。

「ん?どうした?」
「それって犯罪じゃない!!」

さやかが叫んだ。
言いたいことはよく分かる。

「まあ、少しばかりの横暴は許してほしいかな。一応許容範囲内でやってるんだから」

俺はそう言うと、奥の方に向かって行った。

「ワルプルギスの夜。必ず終わらせて見せる」

俺は窓から差し込む月の光を眺めながら決意を固めた。
俺の後ろに二人がいるがそんなことは関係ない。
どちらにせよ、すべてはあと数日で終わる。

「それまでは持ってくれよ?」

こうしてまた一日が過ぎて行った。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R