健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9話 再戦

~海鳴市 臨海公園~

「まだ来てないようだな」
【ああ、でも確実に近づいているな】

今俺達は見通しのいい場所にいた。
聞こえるのは静かな風とさざ波の音だけだ。

【この気配は……あの時の人物と同じだな】

執行人から伝えられる情報に、俺は何度も深呼吸して気を落ち着かせる。
何分これが二度目の戦いなので、緊張しているのだ。

【もう緊張するな。何、この僕がついているのだ。いくらお前がへっぽこでも、心配することはなに一つもないさ】
【そ、そうだな】

俺は応援している(?)執行人にそう頷き返した。

【お、こっちに到達するまで残り10秒、9,8,7……】

(っ!!)

執行人の言葉に、俺は高鳴る鼓動を落ち着かせる。
気づけば手足が震えていた。

(大丈夫。俺なら出来る)

俺は自分にそう言い聞かせ、敵が来るのを待った。

「今度は逃げねえんだな」
「ああ、今の俺はこの間とは違う!!」

目の前にいる赤い服を着た少女に、俺は言い返しながら剣状態のクリエイトを握りしめる。

「今日こそ、リンカーコアを蒐集してやる!!」

少女はそう言うや否やいきなり鉄球を5つほど放ってきた。

「何のこれしき!!」

俺はそう叫びながら5発すべてを避ける。
しかし3発はこっちを追撃してくる。
どうやら誘導弾のようだ。

「おりゃ~!!」
「なっ!!」

俺の行動に少女が信じられないと言った感じで見てくる。
俺がやったのは魔力刃を放って3発破壊しただけだ。

「これで終わりなら、次はこっちから行く!!」

俺はそう宣言してこの間執行人に教えてもらった俊足を使い、一気に少女の背後を取る。

「全てをたち切れ! 断絶!!」
「っち!」

一撃必殺に思われた俺の攻撃だが、何かに阻まれたような感触だった。
どうやら防御魔法のようなもので防がれたようだ。

「やんじゃねえか」
【相手はどうやら一筋縄ではいかないようだな。どうする?真人よ】

執行人が俺に問いかけてくる。
答えなんてものはとうに決まっていた。

【サポートを頼む。少しでも彼女を止められれば……】
【了解だ。彼女の身動きを止めればいいのだな】

俺の答えに、執行人はそう返す。
そしてそれは一瞬だった。

「ぐはっ!?」
「今だ!」

突然少女がはりつけにされたような体制で固まったのだ。
そして俺は反射的に動いていた。

「一刀、両断!!!」
「うああああああ!!!!」

俺は必殺技でもある魔法を少女に使った。
今度こそ命中したのか、それなりの感触が伝わってきた。

「喜べ、倒したぞ」
「ッ!! ぃぃいいよっしゃ~!!!」

執行人の宣言に、俺は思わず声を上げて喜んだ。
何せ、初めて敵を打倒すことが出来たのだ。
喜ぶなと言う方がおかしい。

【さて、とっとと帰――――下がれ、真人!!】
「え?」

突然執行人の声が響く。
しかし俺の体は突然のことに固まってしまった。
その次の瞬間だった。

「があああああ!!!」

俺は突然現れた何者かによって斬られたのだ。

「だい――――――よ」
「いわ――――――だよ」

襲撃者と少女の声がかすかに聞こえる。
だが、俺の体はびくともしない。
ふいに、こちらに近づく気配がした。

(これで、終わるのか?)

俺は悔しかった。
このままやられてしまう事実を理解するのが。
だから目をそむけた。

(もし終わるのなら)

鼓動だけが俺の耳に聞こえた。

(その結果を……この俺が覆して見せる!!!!!)

その瞬間、俺の意識は完全に途絶えた。


前話|目次|次話

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R