健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF-Y 第3話 目覚めのハプニング

「ぅ………」

目が覚めるとそこは天界ではなく、よく見る天井だった。
周囲を見回すと、やはりフィリアンノ城内の俺に宛がわられた部屋だった。

「ッつ!?」

体を動かすと、体中に痛みが走るがそれを無視して起き上がるとベッドから出た。
額にはタオルのようなものがあった。
(俺は風邪なんてひいてないぞ)
そんな事を思いながら、服を探すべく辺りを見渡す。

「服は………あった」

俺はベッドの横に置かれた椅子の背もたれに掛けられていた服(とはいっても勇者が来ているジャージと、色違いの物だが)を着込んだ。
すると、扉が開く音がしたので、その方向を見る。
そこには桶のようなものを手にしたユキカゼの姿があった。
そしてユキカゼは俺の姿を見るや否や、信じられない物を見たように目を見開いた。

「渉殿ッ!」
「ユキカゼか」

そして大きな声で叫ぶ彼女に、顔をゆがめながら声を上げた。

「何をしているでござるか!! 今日は絶対安静でござる!」

どうやら目を見開いたのは、俺が立っていたからのようだ。

「それは結構。もうほとんど完治し………分かった」

俺の言葉を遮るように、ユキカゼから無言のプレッシャーが襲う。
それに勝てるような俺ではなく、素直に従うことにした。
ベッドに横になった俺を見て、安心したのかほっと安堵の息を漏らすと、ベッドの横に会った椅子に腰かけた。

「渉殿が目覚めてくれてよかったでござる。突然渉殿が倒れたから、心配したでござる………」

ユキカゼの表情は見えなかったが、両手が力強く握りしめられていた。

「すまなかった。体調管理もできていないとは、まだまだだな」
「そんな事はないでござる!!」
俺の謝罪に、ユキカゼが大声で否定した。
「渉殿はとても強いでござる! だから、拙者は渉殿の事が……」
「……」
ユキカゼは途中まで言うと口を閉ざした。
何を言いたいのかは、俺には何となくだが分かった。

「あ、今果物を持ってくるでござるから少し待っていて欲しいでござる」
「あ、ああ」

徐に椅子から立ち上がったユキカゼに、俺は何と返したらいいのかが分からずに生返事をしてしまった。

(………悪くないな。こういうのも)

ユキカゼが去っていったドアを見つめながらそう心の中でつぶやくと、俺は戻ってくるまで待とうと思い目を閉じた。










「渉殿……」

まどろみの中、俺を呼ぶ声がした。

「っ!?」

そして唇に何か柔らかい物が触れた。
俺は慌てて目を開けると、そこには目を閉じたユキカゼの顔がすぐ近くにあった。
俺の唇に当たっているのはユキカゼの唇だった。
俺はそれが分かったが、ユキカゼを引き離すことが出来なかった。
まるで金縛りにあったかのように、体が固まってしまったのだ。

「ッ!? わ、わわわわ渉殿ッ!?」

俺がの目が覚めていることに気付いた、ユキカゼは慌てて俺から離れた。

「こ、これは……その、えっと……」

慌てた様子で視線を俺から逸らすユキカゼの姿に、俺は声も出なかった。

「も、申し訳ない渉殿ッ! わ、私急用を思い出したので、失礼するでござるッ!!」

そして、そう言って逃げるように部屋を飛び出して行ってしまった。

「………」

俺に出来たのは、逃げるように彼女が去って行った扉を見ている事だけだった。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R