健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF-Y 第1話 渉の選択

来てしまった。
いや、ここに来るのが嫌な訳ではない。
だが、なんとなく嫌なんだよな。

(絶対のこの前の事で文句を言われる)

そう思った時肩を掴む人物がいた。
同時に、ものすごいオーラを背後から感じる。
それは言うなれば怒りのような気もした。
そして振り返った。

「渉殿。拙者に、何か言う事はないでござるか?」

うん、やっぱり怒ってた。
声は穏やかなのに、ユキカゼが放つオーラは全く穏やかじゃない!!

「わ、悪かったって。でもあんな状態で寝られるほど、俺は図太い神経はしてないんだ!」
「……イクジナシ」

いや、ジト目で言わなくても。
それとも彼女は、俺に狼になれとでも?

「それはともかく、ユキカゼに頼みがあるんだ」
「拙者に?」

俺の言葉に、ユキカゼは目を丸くして返した。

「魔物関連の事だ」
「………」

俺の言葉に、二人の表情が変わった。
決して、がっかりとした表情はしていない。
その表情は大げさに言えばヴァルキュリエのようなものだ。

「なるほど……すぐに準備をしてくるでござる」
「ああ」

俺に告げて屋敷に駆けて行くユキカゼを見ながら、一息つくのであった。
そして、俺はユキカゼが戻ってくるのを静かに待つのであった。

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R