健康の意識 忍者ブログ

黄昏の部屋(別館)

こちらでは、某投稿サイトで投稿していた小説を中心に扱っております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IF-D 第2話 魔物退治

「渉殿」
「何だ?」

ロランさんに言われた場所へ向かう途中、ブリオッシュが俺に声をかけてきた。

「どうして渉殿だけ歩きでござる?」
「そうでござるよ。セルクルに乗れば楽でござるよ」

(またか)

ここに来る前に同じ疑問を親衛隊長に投げかけられたのを思い出して、俺は思わずため息をつきそうになった。

「も、もしよかったら拙者のセルクルに乗らないでござるか?」
「却下! セルクルに乗らないのは、乗ることによって出来る危険を防ぐためだ!」

ブリオッシュの提案に、俺はきっぱりと断る。

「危険……とは?」
「動物の足を狙った攻撃は乗っているものに不意打ちをする一番手っ取り早い方法。確かに動物に乗れば移動労力は軽減できるけど、危険が伴う」

首をかしげるブリオッシュに、俺はできるだけわかりやすく説明する。

「なるほど」
「さて、セルクルはそろそろ降りた方がいいかもな」

俺の説明にすごいとばかりに頷いているブリオッシュをしり目に、俺は静かに告げた。

「………そうでござるな。この先は空気が違う……確実に魔物がいるでござる」

俺の言葉にブリオッシュも先から漂うよどみを感じているのか、真剣な面持ちで答えた。
その表情は言うのであれば”剣士”を思わせる物だった。
そして、少しばかり開けた場所でブリオッシュはセルクルから降りた。

「行くでござるよ」
「了解」

ブリオッシュの合図に、俺は気を引き締めて返事をした。
そして奥へと足を踏み入れるのであった。










開けた場所から進んだ場所は芝生で覆われ、脇には草木が生い茂るという、一種のジャングルのような場所だった。

「これはいかにも出そうな場所でござるな」
「出そうも何も、すでに周囲にいるようだけど」

辺りを見回しながらその感想を述べるブリオッシュに、ユキカゼは何かを感じ取ったのか静かに告げた。

「渉殿、気を付けるでござるよ。今回のは今までの比ではないでござるゆえ」
「分かりました」

ブリオッシュから注意され、俺は静かに返事をした。
確かにこちらに向けての敵意を感じる。
だが、分かるのはそこまで。
今の俺・・・に分かるのはそれだけだ。
まあ、普通はそれだけでもすごいと言われるほどのレベルだが。
……たぶん

「ブリオッシュ、無茶だけはしないように」
「その言葉、そっくりそのまま返すでござるよ」

俺の注意に、ブリオッシュが反論した。

「私は、渉殿の方が心配でござる」

ブリオッシュが心配そうな表情を浮かべながら言ってきた。

「………俺が無茶するのはお前たちを守る時か、仲間を守る時ぐらいだ」
「ッ!? そ、そうでござるか」

俺の言葉に、ブリオッシュは頬を赤らめ視線を俺から逸らしながら答える。
その時、ふっと敵意が強まった。

「どうやらあちらさんはせっかちさんだな。自分から来たようだ」
「そうでござるな」

俺の軽めの言葉に、ブリオッシュは武器を構えながら返すと、来るであろう魔物に備えた。
それから間もなくして、その魔物は俺達の前に躍り出た。

「グゥゥゥゥ」

その魔物は犬ぐらいの大きさで、色はグレーだった。
爪先は非常に鋭利で引っ掻かれでもしたら、下手すれば致命傷だけは避けられないだろう。
おまけに牙ときた。
噛まれたら大ダメージだ。
どちらにせよ、この二点にだけ気を付ければいいだろう。

「数は5匹。どうやら、一瞬で片が付きそうだ」
「いや、それはまだ早いでござる」

ブリオッシュが言いきった瞬間、さらに俺達の背後や周辺に魔物が姿を現した。
どうやら前方にいた魔物と同じタイプらしいが、数がものすごく増えた。

「どうやら敵は数で攻めてきたようだ」
「うむ、私たちはものの見事に囲まれているでござるな」

俺達は互いに背中を合わせ、意識を集中する。
勝負は一瞬。
判断を誤ればただでは済まない。
そして……

「グオオオオっ!」

魔物たちは雄叫びを上げると、一気に襲い掛かってきた。
ブリオッシュが動き出す中、俺は一歩前に出た。

「紋章剣……」

冷静に、無駄のない動きで神剣に輝力を集める。
後は魔物たちをひきつけるだけ。
俺から見て左半分の魔物をブリオッシュが、右半分の魔物を俺が狩る。
意識を集中していると、目を閉じているために見えるはずのないブリオッシュの行動が手に取るようにわかった。
紋章剣で一気に魔物をなぎ倒すブリオッシュ。
そして、目の前まで迫る魔物たちの姿。

(今だッ!)

「裂空一文字ッ!!」

間合いに引き付けたと判断した俺は、一気に正宗を横に薙ぎ払うように振るう。
その瞬間魔物たちは断末魔を上げることなく消滅した。

「ふぅ………渉お見事でござる」
「それを言うなればブリオッシュの方だろ」

一息つきながら掛けられるブリオッシュの労いの言葉に、俺はそう返した。
俺がやったのはあくまで右半分の魔物だけだ。
実際ブリオッシュは左半分の魔物を相手にしたのだ。
だからこそ、俺達はそう返したのだ。

「いやいや、渉殿の方が見事でござるよ。拙者の紋章剣をあそこまで習得できるとは驚きでござる」
「そ、そこまですごくはない」

ブリオッシュの称賛の言葉に、俺は顔が熱くなるのを感じた。
すると、それを見ていたブリオッシュはからかうような目で俺を見てきた。

「いや~渉殿が照れるのを、始めて見たでござるよ。顔真っ赤っかでござるよ」
「ブリオッシュ、人をからかうのも大概に――ッ!!」

ブリオッシュのからかいの言葉に、注意をしようとした俺の目に信じられない光景が見えた。

「……? そんなに目を見開いて、どうしたのでござる?」
「ブリオッシュ、後ろだッ!!!」

俺の変化に気付いたブリオッシュが首を傾げて訪ねてくるが、俺は大きな声で答えた。
俺が見た光景、それは草むらから飛び出てブリオッシュを狙う魔物の姿だった。
魔物をすべて狩ったという事実が、俺達に油断を生んでしまったようだ。
実際には一体の魔物が草むらに潜んでいたことに気づかなかったのだから。

「後ろでござる―――ッ?!」

俺に言われて後ろを見た時、すでに魔物がブリオッシュに目掛けて飛び掛かっていた時だった。
その足にある鋭利な爪を、振り上げながら。
ブリオッシュもその光景に急いで対応しようとするが、一歩足りない。

「クソッ!」

俺は一気に駆け出す。
距離にして約1m。
今の速度なら2秒でブリオシュの前に出られる。
後は0.5秒で武器を構えて受け止められれば、彼女を守れる。
でも、どう見ても残された時間は1秒もなかった。

(やるしかないか)

俺は慌てて魔物に向けて手をかざすと意識を集中した。

(戻せるのは2秒。猶予時間は0.5秒か)

俺がやることそれは、時間操作。
相手の行動時間を戻すものだ。
一種の逆再生のようなもので、やられた者は時間が戻されたことに気付かず、同じ軌道と速度で行動する。
戻せる時間の限度は5秒。
そこまで戻せる余裕がないため、2秒だけなのだ。
なぜなら時間を操作するのはかなりの集中力を要するからだ。
それ故、今の状況ではこれでも精一杯なのだ。

「なッ!?」

魔物がまるで巻き戻されていくかのように後退するのを見ていたブリオッシュは、驚きに満ちた声を上げる。

「はぁッ!!」
「きゃ!?」

俺はブリオッシュを突き飛ばすような形でその場から離れさせる。
後は半回転して魔物の方を向いて、神剣で受け止めればいい。
その後は軌道をそらし、怯んだ隙に一気に斬り込む。
それが俺の立てたプランだった。
だが……

(ッ!)

体は俺の考えに反して、まるで鉛のように動かなかった。

(体中を襲うこの倦怠感……まさか)

俺は、その原因に心当たりがあった。
しかし、そんな事を考える時間はなかった。

「渉殿ッ!!!」

俺を呼ぶ、ブリオッシュの悲痛な声が聞こえた。
それからすぐ後に背中から体中に痛みが走った
それを感じるや否や、足から力が抜けて俺は地面に倒れた。

(何でだ?)

疑問に思って視線を動かす。
唖然として俺を見ているブリオッシュの姿が見えた。
その眼はなんとなく絶望に包まれているような感じがした。
俺はブリオッシュが見ている方向に視線を向けた。
そこには真っ赤な”何か”が見えた。

(ああ、そういう事か)

それで俺はこの理由が分かった。
俺は、背後から来た魔物の爪によって貫かれたのだと。
それを理解したのと同時に、意識が遠のいて行く。

(まあ、女を守って死ぬんだから、少しは自慢できるかな)

そんな事を思いながら、俺は意識を手放す。

「いやあぁぁぁッ!!!」

その寸前に誰かの叫び声を聞きながら。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/25 イヴァ]
[01/14 イヴァ]
[10/07 NONAME]
[10/06 ペンネーム不詳。場合によっては明かします。]
[08/28 TR]

ブログ内検索

バーコード

コガネモチ

P R